CACAF

ごあいさつ

今回で12回目となるCatheter Ablation Course for AF (CACAF)を開催致します。

CACAFは心房細動アブレーションのライブデモンストレーションとして、心房細動アブレーションの成功率・安全性を少しでも上げるために、技術を鍛錬し、イノベーションを取り込み、安全に施行できる複数の術者による新しい手法を紹介してきました。

昨年サテライトで行いました高周波アブレーションは大きな転換点を迎えており、これからはVery high power short durationやPulsed field ablationなどが導入される予定のため、益々基礎的なアブレーション原理の理解が必要です。

今回のライブデモンストレーションのテーマは

  1. 心房細動の再発例に対する2回目以降の治療戦略
  2. 様々なモダリティーを用いた、若手??オペレーターによる安全確実な肺静脈隔離
  3. 多極カテーテルを用いたテーラーメイド持続性心房細動アブレーション

です。

今回は、e-casebookを用いたウエブ配信も予定しています。

今年のプログラムも前回同様、様々な方法での心房細動アブレーションをご紹介する予定です。多様化する心房細動アブレーションのなかで、CACAFではそれぞれの方法の利点をご紹介し、コメディカル・看護師・初心者からベテランまで、何かを得られるようなコースになるよう努力しています。

高槻は大阪と京都の中間に位置し、どちらからもJRで10分余りの便利なところです。前日のサテライトシンポジウムは京都で行います。 たくさんの皆様のご参加でこのコースを盛り上げていただきたいと思います。

では12月に高槻の地でお会いしましょう。

愛仁会高槻病院 副院長 不整脈センター長
山城 荒平

 愛仁会高槻病院 不整脈内科ホームページ

CACAF 事務局

アップローズ株式会社
〒440-0886 愛知県豊橋市東小田原町48番地 セントラルレジデンス 201
Tel: 0532-21-5731, Fax: 0532-52-2883, e-mail: cacaf@uproses.co.jp